FC2ブログ
コンテントヘッダー

南伊豆とは、どこ???

前から行ってみたかった、伊豆の先っぽ。
車が良いか、電車か???と迷って、電車に決めました。
朝9時半の伊東発。下田には1時間ほどで着きます。
伊東から何度か電車に乗っていて気になったのが、海側を向いた座席の電車です。
伊豆急の電車なので、なかなか伊東から東京よりには行きません。
今回は、またまたその「リゾート21」に乗れました。
海の方を向いている座席を確保して、いざ出発。
でも、気分は遠足。前の日お茶も控えたのに、なかなか寝られず、、、朝。
荷造りして、戸締まりして、電車に乗ったら、出発したら、寝ました。
で、まんなかあたりで気がついて、車窓を楽しもうと思ったのですが、、、トンネルが多くてね。
あ。と、思うとトンネル、出で、いい感じ。と、思うとトンネルの繰り返し。
でも、車窓からの景色は今まで見て来た何処よりも南の島っぽさを持っていました。
下田に無事着きました。出迎えの軽トラに乗って、海の見える小屋に行ってお昼。
そこで、人生2回目の玉虫との出会いでしたね。
この小屋、海が見えて、いろりが有って、小さいけど、良い感じ。
昼寝とか、気持ち良さそう。って、感じ。虫も気にならない程度にしか居なかったかな。
昨年の佐渡あたりから、海の楽しさを知りつつ有るひーたんです。
(鎌倉に住んでるくせに。と、言われそうですが、私は、鎌倉の山が好きです。海も嫌いじゃないけど、山の楽しさは小さい頃から知ってたからね。)
海のそばのネパール料理屋でコーヒー飲んで、ひとしきりまったり。
次に、流木やクルミでアクセサリーなどを作っている佐藤工房
ここでは、梅ジュースをごちそうになりました。ちょっと酸っぱくで美味しかったですよ。
伊東の友人ともつながりました。
で、飲み会計画があがったので、準備。さらに、飲む前に五右衛門風呂の用意です。
ドラム缶五右衛門風呂の経験は有りますが、本当の五右衛門風呂は初めて。
30分ほどで、沸く所が、さすが。と、思いましたね。
大人6人子供3人の飲み会は、ほとんどがこの日初めて会う人。
いろりを囲んで、話は弾みましたね。なんか、良かった。

窓を開けっ放しで、蚊取り線香だけで、寝てたんですが、、、意外と来なかった。蚊が。

朝7時の鐘で、目が覚めたものの、うだうだとして8時過ぎに起床。
泊まった家の周辺を散策。ここで、ハンミョウをみました。これも、久々の出会い。
生えてる植物の違いを実感。あと、緑が濃い。
長野も緑は多いけど、南伊豆を見てしまうと、淡い。
さて、天気も良さそうなので、朝食を食べて、一緒に飲んでいたパン屋さんが近くのスーパーに居るとの事なので、買いに行ってみました。
サンドイッチが食べたかのですが、すぐに食べれないなら、売れない。
と、言われ、チョコクロワッサンとイングリッシュマフィンを購入。
南伊豆の作家さんたちの作品の見れるギャラリーみいずへ。
やっぱり、と、思って、浜のある所に行って、貝をすこし拾って、白い浜と青い海を満喫。
最後の最後に、イルカをシャチのいる水族館を外から眺めてきました。
シャチの飛んでる姿と、イルカは見れましたねえ。
実物を肉眼で見るのは初めてかな。多分。
イルカを見ながら、先ほどの、パンを食べて、今回の南伊豆の旅は終わり。
下田の駅に送ってもらい、伊東に帰って来ました。
帰りは、普通の電車でしたね。
今回、いろいろとガイドをしてくれたのが、平島平太さん
とっても楽しかったです。この楽しい時間を少しでも誰かに分けてあげられたら。
と、思って、平太さんのポストカード買って来ました。
5枚限定。誰かに届きますよ。お楽しみに。

南伊豆、なんとも、すごい。
ちょっと、気になる、近くの日本。って感じかな。
ちなみに、今回の写真は一切ありません。見たい方は、実際に南伊豆にお出かけくださいね。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ほぉおおお~!

 なかなか良い旅だったようですね。
 下田は昔社内旅行で行った様な…。
 なのであまり想い出がない! きっと個人で行けば
 楽しいかも。 又話聞かせてね~!

 そうそう、明日は松本でカエル祭りです。
 でも、今雨がザンザン降ってます。
 大丈夫かな? AYAちゃん泊まりに来る予定なんだけど。
 
 カエルだけに雨を呼ぶ???
 空梅雨だからあり難いけどね~。
 さてさて??

冬に行くと良いかも。
暖かそうだよ。避寒に是非。
天気、気になりますね。
こちらも、雨が降って来ました。
水不足も困るけど、災害も困るので、普通に日常通りに降って欲しいものですね。
プロフィール

ロケットバナナ

Author:ロケットバナナ
ロケットバナナの日々雑記

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク